インプラント、知っておきたい基礎知識

インプラント治療する前に、事前に種類や治療の方法、治療費や医療費控除、メンテナンスのことを知っておきたいですね!東京・名古屋・福岡・横浜・大阪などの有名な歯科もご紹介!

インプラント、知っておきたい基礎知識

このサイトは、インプラントについての各種の情報を集めたサイトです。

興味のあるカテゴリをクリックすると、カテゴリの下にメニューが出てきます。知りたい項目を覗いてみて下さい。


私は実際にインプラント歯科治療を行いました。仕事の関係上、虫歯の治療にも中々行けずに、中途半端な治療で終わっている歯も多々ありました。

奥歯なら未だしも、前歯もありましたのでいつも口元が気になっていました。歯が悪いと大好きな肉類や固いものは噛みづらいし、食事も美味しくありません。それに口を大きく開けて笑えないのです。

その後、あちこち野放し状態だった虫歯も進行し、学生時代に行なった差し歯もグラつき始め、とうとう覚悟を決めてインプラントを検討したのです。

しかし仕事柄、頻繁には通院できず、週一回の治療で約1年ほど掛りました(本数が7本)。本数が少なくて、頻繁に通院できればもっと早期に終了するようです。

週一回の通院でも私にとっては大変でしたが、結果的にはインプラント手術を行なって大正解でした。仕事上、沢山の方と話をする機会が多いし、何より固いものでも気兼ねなく噛めます。それに口元を気にしなくていいのです。

インプラント後は、外出も人に会うこともより楽しくなりましたし、口を大きく開けて遠慮なく笑えるのです。知人や友人からも歯がきれいね!といわれることも!キレイな歯と歯並び、そして笑顔の回復は、掛け替えのないものです。

しかし、インプラントをするまでは全く知識もなく、まずは情報収集することから始めました。

1.近場にインプラント治療をする歯科医院があるのか?

2.治療は安全なのか?

3.失敗した例はあるのか?

4.期間はどのくらい掛るのか?

5.費用はいくらなのか?

6.手術は大丈夫なのか?

7.手術例などの症例は?

8.インプラント終了後のケアは?

9.インプラントはどのくらい持つのか?

10.インプラントには種類があるのか?

11.インプラントの自分にとってのメリットは?

12.インプラントのデメリットは?

13.その他

このような情報を収集し、インプラント治療を行なっている近場の歯科医院に問い合わせを行い、実際に訪問して相談してみました。

歯科医の対応と説明、そして雰囲気なども私にとっては重要な要素でした。ある歯科医院の歯科医は、レントゲン診断から私のケースはインプラントは無理と判断したようです。入れ歯を薦めました。

私は年齢的にもそれだけは避けたい気持ちを固辞していたのです。まだまだ長い人生、今の年齢で入れ歯だけはしたくありませんでした。

入れ歯はしたくないと話すと、その歯科医はムッとした表情に変わり言葉使いも少々横暴に、、、!年のころ、30代半ばの歯科医です。診察室には海外研修の経験があるのか、海外の大学の修了証のようなものもあり、勉強熱心に変わりありませんが、この先生とは気が合わないと察しました。

2件目の歯科医院では、院長が診療中だったため、スタッフが対応してくれました。不安な私の心理を察したのか?非常に丁寧で笑顔を絶やさず、いろんなケースの症例や期間、費用などの話してくれました。

その後、院長先生からの詳しい説明もあり、今のインプラントは安全に行なえる研究が進み、安心してインプラントすることを話されました。院長先生と話す中で、この先生にお願いしようと決断していました。

しかし、インプラントは手術治療が必要です。受ける前にある程度のしっかりした知識は必要と思いますので、分らないことや心配な疑問は、必ず事前に質問しておいたほうが賢明です。

・どのような検査が行なわれるのか?

・自分がインプラント治療に適しているのか?

・麻酔は安全なのか?

・手術時間はどのくらいかかるのか?

・掛る総費用はいくらなのか?

・費用は分割も可能なのか?

・終了までの治療期間は?

・何か起きた場合の対処法は?

、、、などなど、知りたいことは何でも質問することが大切です。

大金を投資するわけですから、安心できるインプラント治療を行える歯科医院を見つけて下さい。歯科医との相性も大切です。いくら有名でインプラント実施数が多くても、結果が大事ですね。特に相性はもっと大事です。

インプラントは、自分の人生を変えてくれます。まずはしっかり調べて検討してみて下さい。

※日本全国の都道府県別のインプラント歯科院も掲載しました。皆さんのお住まいの地区の歯医者を楽に調べることができます。

今後とも、「インプラント、知っておきたい基礎知識」を宜しくお願い致します。なお、新しい情報を入手しましたら、少しずつ更新して行きます。

管理人